FC2ブログ

これ一つあると^^ばっちりです🎶

大きな作品、小さな作品、いろいろありますが
朱い印を押すだけで、締まるというか、それらしく見えてくる不思議な力!
それが落款だと思います。
こんな感じのものです。

IMG_rakkan.jpg

昨年の展覧会の作品に押したものです。
大きなものには大きなサイズのものを押します。バランスですよね。
これは昔、私が自分で彫ったもの。
大きめの作品に使いました。

IMG_rakkan2.jpg
私の号 拓爽 と 彫りました。

落款には朱文と白文があります。
朱文は、押すと赤い文字が出るもの。白文は押すと白抜きの文字が出るもの。
IMG_rakkan1.jpg
この画像で言うと、左が朱文の印、右が白文の印になります。
朱文には 拓爽 白文には私の本名 康世 の字。
これは現在の私の先生林拓鶯先生のお父上の拓翠先生に彫っていただいたもの。

そして下の画像の印は拓鶯先生に彫っていただいた
私の号の一文字 爽 の字を大小で彫っていただいたものです。
IMG_rakkan3.jpg

今これがとっても重宝しています。
登場回数がこれから増えそうな気配。
小作品って手軽に作れるし、気軽にお部屋に飾ることができます。
書を身近に楽しむ・・・そんな時に落款が威力を発揮します!!!
落款彫るのも結構楽しくて、しばらくやっていませんが
再挑戦してみようかなぁ・・などと考える今日この頃です(*^^*)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大森拓爽

Author:大森拓爽
三輪田学園➡青学卒後 松下電器産業㈱入社
現Panasonicで、人事・本社企画調査・役員秘書・社内広報・経営企画・経営品質推進などなど担当
サラリーマンの傍ら書道のお稽古に通う 以来40年
Pana退社後、長年親しんだ書の楽しさを、伝えることを決意
馬術競技の資格を持ち、週末には馬術競技役員として競技場に出没
ほかに骨格スタイル診断、陰陽五行の勉強も

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR